SAITAMAビジネスライン 埼玉産業人クラブ
埼玉ちゃれんじ企業経営者表彰
ホーム    サイトマップ    当クラブについて   
現在位置:ホーム >経営シンポジウム サイト内検索
経営シンポジウム

経営シンポジウムのご案内

活力ある日本の製造業の復権に向けて
 〜混迷する日中関係の中で〜


日   時 平成17年7月25日(月)午後2時開会
場   所 川越プリンスホテル5F ティーローズ 地図
(川越市新富町1-22、TEL049-227-1111)
参 加 費 1名 3,000円(懇親会費を含む)
但し、埼玉産業人クラブ会員、川越商工会議所会員は無料
主   催 埼玉産業人クラブ、川越商工会議所、日刊工業新聞社

プログラム
開  会 午後2時
基調講演 午後2時15分〜3時20分
  テ ー マ
「活力ある日本の製造業の復権に向けて
〜混迷する日中関係の中で〜」
講  師 政策研究大学院大学教授 橋本 久義,氏
パネル
ディスカッション
午後3時30分〜5時
 

テ ー マ

「若手経営者が担う活力ある日本のモノづくり」

コーディネーター 政策研究大学院大学教授 橋本 久義氏

パネリスト
入曽精密社長 斎藤 清和氏
東洋パーツ社長 小菅 哲也氏
ヒーハイスト精工社長 尾崎 浩太氏

 

懇 親 会 午後5時15分〜
3Fマリーゴールド

 2005年3月期決算は、大手企業を中心とする好決算が注目されました。リストラ効果と中国の経済成長に伴う需要拡大が牽引したものとみられますが、中小企業にとっては依然として先行きが不透明な状況が続いており、景気の「踊り場」からの浮上にはまだ課題が多い情勢にあるようです。さらに、この不透明感を助長しているのが、最近、冷え込みが懸念される日中関係。直接的にも間接的にも中小企業の経営に影響するものとして、その動向が注視されております。

 今回のシンポジウムでは、中国の産業事情に詳しい政策研究大学院大学の橋本久義教授を講師にお招きし、今後の中国ビジネスの課題と対策について解説していただくとともに、これを踏まえた日本のモノづくりのあり方について展望していただきます。また、シンポジウムでは埼玉県西部地区で、個性的なモノづくりに取り組み、活路を開いている3名の若手経営者の方々にご登場いただき、日本の製造業の活性化に向けた議論を深めます。
 
□基調講演講師のご紹介□
 

政策研究大学院大学教授 橋本 久義氏

1945年(昭20)福井県生まれ。, 69年東大工卒、同年通商産業省(現経済産業省)入省。機械情報産業局鍛造品課長、中小企業技術課長、総括研究開発官などを歴任。, 94年埼玉大学政策科学研究科教授、97年政策研究大学院大学教
授(現職)。
 通産省時代から「現場に使いところで行政を」をモットーに18年間で2700社以上の工場を訪問。, 行政・学界には珍しい現場主義者。, 政策研究大学院大学では、発展途上国の産業発展、中小企業の活性化、さらに中国の産業経済などをメーンテーマとして研究に取り組んでいる。, 著書には「創造的中小企業」(日刊工業新聞社)、「町工場が滅びたら日本が滅びる」(PHP研究所)、「中国ビジネスに勝つ情報源」(同、橋本氏監修)など多数。

 

入曽精密(埼玉県入間市)
社長 斎藤 清和氏(46歳)

 1983年(昭58)入曽精密入社、2002年社長就任。複雑な形状の高精度な試作部品加工で定評がある。, 3次元CAD/CAMシステム、同時 5軸マシニングセンターなど、IT技術と先端マシンを駆使し、ナノレベルの機械加工に取り組んでいる。, 最近ではアルミ製や樹脂製のバラや、0.3ミリメートル角の微細サイコロなど、極限の造形技 術を追求し話題を呼んでいる。, 同社のMC造形技術は埼玉産業人クラブ西海記念賞を受賞。

 

東洋パーツ(埼玉県長瀞町)
社長 小菅 哲也氏(46歳)

1982年(昭57)本田技研工業朝霞研究所入社、89年東洋パーツ入社。,
2004年社長就任。, 同社は1953年(昭28)創業の自動車部品加工を主力とする機械加工業。, 自社設計による専用機とCNC設備による多品種生産ラインを構築するなど、創意と工夫による効率的なモノづくりを展開。, 従業員への技術資格取得を奨励するなど、人材育成と地域における雇用確保を重視している。, 姉妹会社のパニー技 研が開発した洗浄機は埼玉産業人クラブ西海記念賞を受賞。

 

ヒーハイスト精工(埼玉県川越市)
社長 尾崎 浩太氏(40歳)

1988年(昭63)日本プロゴルフ協会入社、同年ヒーハイスト精工取締役。, 2001年専務、05年4月に社長就任。, 同社はエンジンパーツ、リニアベアリング、高精度位置決め装置生産などを手掛ける。,
04年にジャスダック上場を果たす。, 現在、高精度で効率的な金属 切削加工を実現する超音波振動テーブルなど、自社ブランドの新 製品開発にも力を入れている。, 今夏には川越市内に新工場を完成し、競争力あるモノづくりを加速する。


コンテンツ

例会・講演会

各部会紹介

リンク


SANADA発現場から

お問い合わせ

当クラブ(地図)へのお問い合わせ、入会希望など、お気軽にお問い合わせください。

tel0438-872-2281 fax048-872-2285

Eメール
clubsaitama@sangyojin.org

お問い合わせフォーム

ホーム当クラブについて埼玉ちゃれんじ企業者表彰例会・講演会情報ファイルお問い合わせサイトマップ
NITEC埼玉産学交流会TDU産学交流会埼玉ビジネス研究会経営研究部会企業PR部会人材開発部会産友会
Copyright (C) 2004 SAITAMA SANGYOJIN CLUB All rights reserved